花と写真

保護対象者の葬儀の場合

生活保護葬といっても、必ず生活保護を受けた方でなければ受けられないというわけではありません。
生活保護を受けていた方の葬儀であったり、葬儀代も出せないほど生活が困窮している場合でも、補償を受けられる場合があるのです。

詳細を確認する

式の無いお葬式

生活保護葬を行う場合、極力必要のない費用はカットされてしまうため、通常の葬儀で行われる式は行われないのです。
一日遺体を安置した後、火葬場へすぐに向かい、納骨をするというシンプルな内容となります。

詳細を確認する

自分達で弔う

葬儀を行う場合は、遺体を火葬してあげるだけではなく、旅立ってしまう故人を弔う事も重要なことです。
生活保護葬ではお経などは読まれませんが、個人でこれを行うこともできるでしょう。

詳細を確認する

飲食代

葬儀では、はるばるやって来た弔問客の親戚と共に食事をとって、さまざまな話を行うのが通例です。
しかし、生活保護葬ではこうした飲食代は補償されませんので、式を終えた後、自分たちのお金で行う必要があるでしょう。

詳細を確認する

保護を受けている場合

もしも親しい家族や知人に不幸があった場合、亡くなった方のご冥福を祈るためお葬式をあげなければなりません。
お葬式は、たくさんの費用を必要とするものですが、急に多くの資金を用意するのは難しいものです。
ある日何の前触れもなく亡くなってしまう場合もあり、そうした場合はお金を集める事が困難となるでしょう。

お葬式を上げるために、消費者金融でお金を借りることもあるため、多額の負債により破産のきっかけとなる場合もあるのです。
特に収入のない生活保護を受けている方ですと、こうしたお葬式の費用を捻出することは難しいものです。
日々の生活にも困窮している状態で、お葬式を上げる費用を蓄えていることは無く、また消費者金融でもこうした生活保護者にはお金を融資してくれることはないでしょう。

しかし、そうした場合に使用できるのが、生活保護葬です。
葬儀にかかるお金を補助してくれるため、お金をかけずに葬儀を執り行うことができるのです。